Top香粧品事業製剤化技術錠剤化の特徴打錠特性評価例/抜錠経時変化 一つ上へ

抜錠経時変化

 抜錠圧を経時的にモニタリングすることにより錠剤側面の劣化を知ることが出来ます。 この値が低 く,変化が少ないほど良好な 打錠性 であると言えます。
グラフ:評価例(抜錠経時変化)